ブタノール法による魚油および食品抽出油脂のカルボニル価の測定 Estimation of Deterioration in Fish Oil and Oil-Containing Foods Based on Carbonyl Values Using 1-Butanol as a Solvent

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新しいCV測定法であるブタノール法を魚油および食品抽出油脂の測定にはじめて応用した.<BR>魚油の測定では,ベンゼン法との相関性を認めると共に,ベンゼン法では測定できないPVの高い試料や,酸化初期の微量なCVの増加量を,正確に測定できることが示された.<BR>また,食品抽出油脂の測定においては,試料量が少なくても測定でき,サンプルの色が測定値に影響を与えることがなかった.<BR>本法は,操作が簡便で精度が高く,かつ測定用溶剤の毒性が低く使用量も少なくてよいことから,食品製造現場などでの測定にも適しており,魚油や食品の酸化劣化度を評価するために有効な方法であると考えられる.

Instead of the usual benzene-based method, 1-butanol was used as a solvent for measurement of the carbonyl value (CV) of fish oil and oils extracted with diethyl ether from processed foods. CVs measured by the butanol method showed a good correlation not only with those obtained by the conventional method, but also with peroxide values. Due to its good reproducibility, the butanol method should be useful for evaluation of oxidative deterioration in fish oil and oil-containing foods.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 54(1), 54-58, 2007-01-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018466738
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    8609967
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ