野生化ヌートリア (Myocastor coypus) による農業被害 : 愛知県を中心に Agricultural damage caused by feral coypus (Myocastor coypus) in Aichi Prefecture, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 曽根 啓子 SONE Keiko
    • 名古屋大学大学院生命農学研究科動物管理学研究室 Laboratory of Animal Management and Resources, Graduate School of Bio-Agricultural Sciences, Nagoya University
    • 子安 和弘 KOYASU Kazuhiro
    • 愛知学院大学歯学部解剖学第二講座 The Second Department of Anatomy, School of Dentistry, Aichi-Gakuin University
    • 田中 愼 TANAKA Shin
    • 国立長寿医療センター加齢動物育成室 Animal Facility for Aging Research, National Center for Geriatrics and Gerontology
    • 織田 銑一 ODA Sen-ichi
    • 名古屋大学大学院生命農学研究科動物管理学研究室 Laboratory of Animal Management and Resources, Graduate School of Bio-Agricultural Sciences, Nagoya University

抄録

日本で野生化し,農業害獣として問題となっているヌートリア<i>Myocastor coypus</i>による農業被害の実態を把握することを目的として,農業被害多発地域の一つである愛知県において,被害の発生状況,とくに被害作物の種類とその発生時期,ならびに被害が発生しやすい時間帯と場所についての聞き取り調査を行った.また,穿坑被害を含む農業被害以外の被害の有無についても併せて調査した.ヌートリアによる農業被害の対象となっていたのは稲(水稲)および23品目の野菜であった.稲の被害(食害および倒害)は,被害経験のある34市町村のうちほぼ総て(32市町村/94.1%)の市町村で認められ,最も加害されやすい作物であると考えられた.とくに,育苗期(5-6月)から生育期(7-9月)にかけて被害が発生しやすいことが示唆された.一方,野菜の被害(食害および糞尿の被害)は収穫期にあたる夏期(6-9月)もしくは冬期(12-2月)に集中して認められた.夏期には瓜類(16市町村/47.1%),芋類(11市町村/32.4%),根菜類(8市町村/23.5%),葉菜類(3市町村/8.8%),豆類(3市町村/8.8%)など,冬期には葉菜類(17市町村/50.0%)ならびに根菜類(10市町村/29.4%)でそれぞれ被害が認められた.個別訪問した農家(18件)への聞き取りおよび現地確認の結果,主たる被害の発生時間帯は,日没後から翌朝の日の出前までの間であると推察された.農業被害が多く発生していた場所は,河川や農業用水路に隣接する農地であり,とくに護岸されていないヌートリアの生息に適した場所では被害が顕著であった.また,農業被害の他にも,生活環境被害(人家の庭先への侵入)および漁業被害(魚網の破壊)が1例ずつ認められたが,農業被害とは異なり,偶発的なものと推察された.今後は,被害量の推定を目指した基礎データの蓄積,ならびに捕殺以外の防除法の開発が重要な課題であると考えられた.

We carried out an interview survey regarding the current status of agricultural damage caused by feral coypus, <i>Myocastor coypus</i>, in 87 municipalities in Aichi Prefecture, central Japan. It seemed that coypus damaged rice plants and 23 kinds of vegetables. Damage to rice plants was found in most of the damaged districts (32 municipalities/94.1%) and occurred intensively during the seedling (Mar.-Jun.) and growing (Jul.-Sep.) seasons. Damage to vegetables occurred in the harvest seasons, <i>i.e.</i>, summer or winter. Cucurbits (16 municipalities/47.1%), potatoes (11 municipalities/32.4%), root vegetables (8 districts/23.5%), leaf vegetables (3 municipalities/8.8%), and beans (3 municipalities/8.8%) were damaged in summer, while leaf (17 municipalities/50.0%) and root (10 municipalities/29.4%) vegetables were damaged in winter. According to comments from 18 farmers and to field observations, most of this damage occurred in fields near rivers, especially from dusk to dawn. Exceptional damage, such as the invasion of home gardens and the breaking of fishnets, also occurred. Further studies on the assessment of damage volume and the development of prevention techniques will help research or management activities associated with feral coypus.

収録刊行物

  • 哺乳類科学 = Mammalian Science  

    哺乳類科学 = Mammalian Science 46(2), 151-159, 2006-12-30 

    The Mammal Society of Japan

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018467794
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00231656
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0385437X
  • NDL 記事登録ID
    8626643
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1160
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ