放物鏡面を用いた光線情報取得 Ray Data Acquisiton Using Parabolic Mirror

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では,光線空間取得システムで得られる歪んだ光線空間から理想の補正画像を生成する手法を検討する.光線空間法とは,空間中を伝播する光線情報を用いて3次現状法から記述・処理する手法である.光線空間法を適用するためには,密な光線空間の取得が必要となる.そこで放物鏡面と高速度カメラを用いて密な光線空間を取得可能なシステムが提案されている.これは法物鏡面で像を作り,その像をミラー走査させ,それを撮影するシステムである.しかしながら、放物鏡面を用いて得られる光線空間には歪みが現れる.そこで本研究では,放物鏡面での反射をある種の射影と考え,得られた光線空間から正しい補正画像を生成する手法を検討する.In this paper, we analyzed the distortion of the image acquired with a Ray-Space acquisition system. The Ray-Space acquisition system using parabolic mirror makes it possible to acquire dense Ray-Space. This system consists of two parabolic mirrors, a synchronized galvanometer mirror and a high-speed camera. The principle of this system is generating a real image of object with two parabolic mirrors, and to scan the image with the mirror. However, distortion arises in the acquired image ,in other words the Ray-Space. We examine a method to generate corrected image from acquired Ray-Space.

収録刊行物

  • 情報処理学会研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM)  

    情報処理学会研究報告オーディオビジュアル複合情報処理(AVM) 2006(132(2006-AVM-055)), 71-76, 2006-12-15 

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018468997
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10438399
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • データ提供元
    CJP書誌  IPSJ 
ページトップへ