蛍光プローブ : ランタノイド金属の蛍光を用いた高感度臨床診断薬の開発 Fluorescence Probes : Development of a Sensitive Diagnostic Reagent Based on Lanthanide Luminescence

この論文をさがす

著者

    • 長野 哲雄 NAGANO Tetsuo
    • 東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室 Laboratory of Chemistry and Biology, the Graduate School of Pharmaceutical Sciences, the University of Tokyo
    • 寺井 琢也 TERAI Takuya
    • 東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室 Laboratory of Chemistry and Biology, the Graduate School of Pharmaceutical Sciences, the University of Tokyo

収録刊行物

  • 脈管学  

    脈管学 46(6), 743-748, 2006-12-25 

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018473155
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00236514
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03871126
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ