脳卒中片麻痺者の歩行時における体幹の動き Trunk movements during walking in hemiplegia due to stroke

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 片麻痺者の歩行における体幹の動きの特徴を3次元で記述し, 体幹の角度変化量と下肢関節角度との関係を明らかにすることを目的とした. 対象は脳卒中片麻痺者16例とし, 3次元歩行分析システムを用いて歩行時の下肢関節角度, 骨盤, 上部体幹角度を計測し, 角度ピーク値と角度変化量を求めた. その結果, 片麻痺者は歩行1周期を通して骨盤, 上部体幹を麻痺側へ回旋, 側方傾斜させていることが多く, 骨盤と上部体幹間の相対角度変化量は健常者よりも大きいことが明らかになった. 下肢関節角度ピーク値との関係では, Initial Contact から Loading Response にかけて足関節底屈角度が大きく, Mid Stance において膝関節伸展角度が大きい症例では, 骨盤の回旋角度変化量が大きくなる傾向があった. また Mid Stance における膝関節伸展角度が小さく Terminal Stance における股関節伸展角度が大きい症例は, 上部体幹の回旋角度変化量と側屈角度変化量が大きくなる傾向が認められた. これらのことから, 片麻痺者の歩行時における体幹の動きは麻痺側方向へ変位しているものの, 体幹間の相対的な動き自体は健常者よりも大きいこと, 下肢の動きとの関連が高いことが示された.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development  

    日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development 23(1), 54-64, 2007-01-01 

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018473497
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1006683X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09104720
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ