対麻痺用新歩行装具 HALO (Hip and Ankle Linked Orthosis) の歩行効率 Energy efficiency of HALO (Hip and Ankle Linked Orthosis)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

股継手と足継手を連動させ, 歩行中に常に足底が床と平行になる機構と荷重足の足継手に加わる背屈モーメントを対側の下肢の振り出しに利用する, 対麻痺用の歩行装具HALOの歩行速度, 歩幅, 歩行時の酸素消費量を, 同一被検者で Primewalk (PW) と比較検討した. 症例は, 23歳男性でT7以下の完全対麻痺と, 29歳男性でT9以下の完全対麻痺の2名で, 1周30mの楕円形トラックを自由歩行で3周させた. 装具を変えて同様に試行し, 日を変えて行った2回のデータを平均した. 単位時間あたりの酸素消費量は両症例ともHALOが少なく, エネルギーコストもHALOはPWに比べてT7でおよそ75%, T9で60%であった. 歩行速度, 歩幅, 歩調は両症例ともHALOが大きかった. 10mの直線距離の最大速力での歩行では, 速度はT9の症例でHALOが35.0m/min, PWが14.0m/min, T7の症例ではそれぞれ24.8m/min, 14.3m/minであった. 歩幅, 歩調も, ともにHALOがPWを上回っていた. HALOの振り出し補助機構と歩行安定性が歩幅の増大を可能にし, 歩行速度の向上をもたらした. その結果, 歩行効率の向上が得られたと考えられた.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development  

    日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development 23(1), 65-70, 2007-01-01 

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018473526
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1006683X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09104720
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ