継手付きプラスチック製短下肢装具の構造上の違いが下垂足を呈する1症例の歩行に与える影響 : 床反力を用いた分析 Effects of the structural difference of articulated plastic-ankle foot orthoses on the gait of one case to present drop foot : Analysis with floor reaction force

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小原 謙一 KOBARA Kenichi
    • 川崎医療福祉大学医療技術学部リハビリテーション学科 Department of Rehabilitation, Faculty of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare
    • 江口 淳子 EGUCHI Atsuko
    • 川崎医療福祉大学医療技術学部リハビリテーション学科 Department of Rehabilitation, Faculty of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare
    • 渡邉 進 WATANABE Susumu
    • 川崎医療福祉大学医療技術学部リハビリテーション学科 Department of Rehabilitation, Faculty of Health Science and Technology, Kawasaki University of Medical Welfare

抄録

近年では種々のP-AFOと足継手が開発され, 使用され始めている. しかし, それらの構造上の違いが及ぼす影響を実際の症例で, 定量的に評価・検討した報告は少ない. そこで, 今回は痙縮のない下垂足を呈する男性を対象として, 2枚重ねヒンジ継手に属する摩擦制御継手付きP-AFO (Dream Brace) と可撓性たわみ継手に属する Tamarack 継手付きP-AFO, および, 継手のない靴べら式P-AFO (Shoehorn Brace) を装着した歩行を, 床反力計を用いて定性的にかつ定量的に比較・検討した. その結果, 装具の構造上の違いは主に足継手の角度とそこで発生する補助モーメントの関係に表れ, それは歩行における主観的な滑らかさに影響を与えることを示唆していた.

収録刊行物

  • 日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development  

    日本義肢装具学会誌 = Bulletin of the Japanese Society of Prosthetic and Orthotic Education, Research and Development 23(1), 83-87, 2007-01-01 

    Japanese Society of Prosthetics and Orthotics

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018473565
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1006683X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09104720
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ