大腿骨近位部骨折術後の D-dimer 計測日(5日目と7日目)による D-dimer 値の変化とDVT検出の検討 Relationships between hemostatic variables including fibrin D-dimer (D-dimer) 5 and 7 days after operations and the significance for the deep venous thrombosis (DVT) during the surgical repair of proximal femoral fracture

この論文をさがす

著者

    • 櫻井 公也
    • 公立陶生病院整形外科 Department of Orthopedic Surgery, Tosei General Hospital
    • 柴田 正人
    • 公立陶生病院整形外科 Department of Orthopedic Surgery, Tosei General Hospital
    • 鈴木 達人
    • 公立陶生病院整形外科 Department of Orthopedic Surgery, Tosei General Hospital
    • 夏目 英雄
    • 公立陶生病院整形外科 Department of Orthopedic Surgery, Tosei General Hospital

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(6), 1031-1032, 2006-11-01 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018474327
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ