頚髄症と腰部脊柱管狭窄症の合併例に対する低侵襲同時手術の経験 Simultaneous cervical and lumbar minimally invasive surgery for the patients with both cervical myelopathy and lumbar spinal canal stenosis

この論文をさがす

著者

    • 澤村 和秀 SAWAMURA Kazuhide
    • 京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科) Department of Orthopaedics, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 八田 陽一郎
    • 京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科) Department of Orthopaedics, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 三上 靖夫
    • 京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科) Department of Orthopaedics, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 長谷 斉
    • 京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科) Department of Orthopaedics, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 久保 俊一
    • 京都府立医科大学大学院運動器機能再生外科学(整形外科) Department of Orthopaedics, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(6), 1047-1048, 2006-11-01 

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018474367
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ