鎖骨骨折ピンニング法の術後整復状態と骨癒合期間の検討 A study of clinical relationship between state of reduction and bone healing by intramedullary pinning for clavicular fractures

この論文をさがす

著者

    • 妻鹿 良平 MEGA Ryohei
    • 清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター Department of Orthopaedic Surgery, Osaka Trauma and Microsurgery Center, Seikeikai Hospital
    • 坂中 秀樹
    • 清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター Department of Orthopaedic Surgery, Osaka Trauma and Microsurgery Center, Seikeikai Hospital
    • 寺浦 英俊
    • 清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター Department of Orthopaedic Surgery, Osaka Trauma and Microsurgery Center, Seikeikai Hospital
    • 小松 猛
    • 清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター Department of Orthopaedic Surgery, Osaka Trauma and Microsurgery Center, Seikeikai Hospital
    • 片岡 威博
    • 清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター Department of Orthopaedic Surgery, Osaka Trauma and Microsurgery Center, Seikeikai Hospital
    • 山野 慶樹
    • 清恵会病院大阪外傷マイクロサージャリーセンター Department of Orthopaedic Surgery, Osaka Trauma and Microsurgery Center, Seikeikai Hospital

収録刊行物

  • 中部日本整形外科災害外科学会雑誌  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌 49(6), 1081-1082, 2006-11-01 

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018474442
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00146397
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00089443
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ