非定常撹拌に対する非対称翼の適用 Application of Asymmetric Impellers to Mixing at Unsteady Speed within a Single Revolution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

翼が一回転する間に撹拌速度が変化する混合性能を評価した.渦の中心が移動するために,層流撹拌で発生するドーナツ状の未混合領域は消失し,混合時間は飛躍的に減少した.低粘度撹拌に用いられる通常の翼を層流撹拌に用いた場合,非定常な撹拌操作は非常に有効であるが,非対称翼を用いることにより,さらに有用であることが確認できた.

Mixing performance at unsteady speed within a single revolution was studied. Because the location of the vortices centers varied, the centers of stagnant domains of doughnut shape that are formed in laminar flow disappeared and the mixing time decreased drastically. For conventional impellers operating in laminar flow, the unsteady speed mixing technique was found to be much more effective than the steady speed mixing. The study confirms that asymmetric impellers are very useful in laminar mixing vessels.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 33(1), 16-19, 2007-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018501005
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8665356
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ