塗布乾燥における光学特性制御 Control of Optical Characteristic by Coating and Drying

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

粒径が異なるそれぞれのスラリーをPET基材にスピンコート方式により塗布し,3種類の乾燥方式(伝導,放射,対流)にて乾燥を行って薄膜を形成した.固液分散スラリーをスピンコート方式により薄膜形成する過程において,スピン回転数による剪断で二次凝集粒子の分散が可能なことがわかっているため,回転数を1000–5000 min<sup>−1</sup>の範囲で変更し分散状態を変化させた.得られた薄膜について外観を確認するとともに,光学特性のひとつであるヘーズを測定した.その結果,粒径2 μm以上の粒子は外観およびヘーズは乾燥方式に依存せず,スピンコートの回転数による分散状態のみにより変化することがわかった.一方,100 nmの粒子では乾燥方式の影響を強く受けて外観は異なり,ヘーズの値も伝導>放射>対流の順番で大きくなった.以上から,粒径により適切な膜厚または乾燥方式を選定することで,光学特性をコントロールすることが可能であることがわかった.

Three slurries containing particles of different sizes were coated onto PET film. The rotation rate of the spin coating, which is known to control the structure of spherical particle sols, was varied in the range of 1000–5000 min<sup>−1</sup>. The coated films were then dried by conduction, radiation or convection. The appearance of the coated film was observed and haze was measured as an optical characteristic of the film. The appearance and haze of films coated with particles of 2 μm or more in diameter were not affected by the drying method, but were affected by the rotation rate. On the other hand, those of films coated with 100 nm particle were strongly influenced by the drying method. Consequently, according to the size of the particle, by selecting the rotation rate or drying method, haze can be controlled.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 33(1), 48-52, 2007-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018501088
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8665535
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ