固体炭素による硫酸鉛の還元挙動 Reduction Behavior of Lead Sulfate in the Presence of Solid Carbon

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,二次鉛資源である廃鉛バッテリー中の硫酸鉛から効率的に金属鉛を回収するプロセスの開発に関する基礎データの取得を目的として,窒素気流中,最高温度773–1173 Kの範囲で硫酸鉛の炭素還元を行い,各種形態の鉛の動的挙動を追跡した.金属鉛は還元過程において生成した硫化鉛と酸化鉛間の反応により1073 Kより著しく生成することが明らかとなった.また,炭素還元により硫酸鉛から金属鉛を効率よく回収するためには,硫酸鉛に対する固体炭素の添加量に最適値が存在することがわかった.

The reduction of lead sulfate by carbon was investigated in order to obtain fundamental data for developing an efficient recovery process of metallic lead from lead sulfate in a spent storage battery. Lead sulfate particles mixed with carbon were heated at terminal temperatures ranging from 773 to 1173 K in a nitrogen stream with a fixed bed reactor. Metallic lead was produced remarkably from 1073 K through the reaction of lead oxide and lead sulfide after the solid carbon had been consumed. There exists an optimum amount of solid carbon that should be added to produce metallic lead efficiently from lead sulfate.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 33(1), 72-76, 2007-01-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018501131
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    8665638
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ