溶媒置換によるゲル固定薄膜型コロイド単結晶の回折波長チューニング Tuning of Optical Properties of Film-Shaped Gelled Colloidal Crystals by Solvent Substitutions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

粒径 198 nm の荷電高分子ラテックス/水分散液(濃度 10 vol%)を用い,せん断配向法により作製した,大面積の薄膜型コロイド単結晶を,結晶構造を保持したまま,アクリルアミド系高分子ゲルにより固定した.本実験に用いたゲルに対してエタノールは貧溶媒であり,エタノール濃度(<i>C</i><sub>E</sub>)に応じてゲルマトリックスは膨潤・収縮する.得られたゲル固定結晶を,種々の <i>C</i><sub>E</sub> 条件に保ち,ゲルサイズ変化を通して,結晶の Bragg 回折波長を制御した.<i>C</i><sub>E</sub> が 100%では,溶媒は試料中にほとんど存在しないことが示された.本手法により,近赤外域から可視光領域(およそ 950~550 nm)にわたる,可逆的な回折波長チューニングが可能であった.ゲルサイズ変化に伴い,結晶中の粒子,ゲル網目濃度も変化するため,ゲル固定結晶の平均屈折率は変化する.この効果を考慮して,回折波長から求めた格子面間隔はゲルサイズに比例した.すなわち,本薄膜ゲルの変形が等方的であることが確認された.<br>

Single colloidal crystals of charged polymer latex, which are formed by shear-alignments, are immobilized in polymer hydrogel matrix. The size of this film-shaped gelled crystal changes upon solvent substitution from water to ethanol/water mixed solvent. The gel shrinks with increasing ethanol concentration, resulting in contractions of the lattice spacing of the crystal. We can reversibly tune the diffraction wavelength in the range of 950 to 550 nm near-infrared to whole visible light range, by changing the ethanol concentration. The lattice spacing determined by diffraction wavelength was proportional to gel size.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 64(1), 41-44, 2007-01-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018503158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8672320
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ