ポリアニリンをシェルとするコアシェル粒子の合成と応用 Preparation of Core-shell Particles Having Poly (aniline) Shell and Their Application

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ポリスチレン粒子,あるいはスチレン-アクリル酸エチル共重合体粒子をシード粒子としてアニリンを酸化シード重合することにより,ポリアニリンをシェル層とするポリアニリン複合粒子を作製した.シード粒子の種類,酸とアニリンの比率を変化させることにより,重合速度と吸着速度のバランスを変化させることができ,それにより,ポリアニリン複合粒子の構造を,平滑な表面をもつコア-シェル構造からラズベリー構造まで変化させること,さらには導電性を変化させることができた.ポリアニリン複合粒子分散液に硝酸銀を加えると,銀イオンが自動的に還元され銀ナノ粒子が複合粒子上に析出した.得られた銀ナノ粒子担持ポリアニリン複合粒子は,水中に安定に分散し,還元反応触媒として働き,反応後媒体中から簡単に回収される特長を有する.<br>

Core-shell particles whose shells are composed of poly(aniline) were prepared by seeded oxidation polymerization of aniline. The morphology of the core-shell particles depended on the kind of seed particles and on the ratio of HCl to aniline monomer. Seeded polymerization of aniline using hydrophilic seed particles in highly acidic medium resulted in the formation of raspberry-structured particles, whereas seeded polymerization on hydrophobic seeds in neutral medium gave particles with a flat surface. The morphology affected the conductivity of packed particles because of the slight chance for contacts of poly(aniline) with neighboring particles. Poly(aniline) particles adsorbed silver ions and reduced then to silver on their surfaces. Thus the obtained particles exhibited high ability to catalyze the reduction of <i>p</i>-nitrophenol by sodium borohydride.<br>

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 64(1), 56-61, 2007-01-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018503201
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8672375
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ