アセトアセチル化PVAを保護コロイドに使用した酢酸ビニル樹脂エマルジョンの物性と接着性 Physical Properties and Wood Bonding Performance of Polyvinyl Acetate Emulsion with Acetoacetylated PVA as Protective Colloid

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近開発された反応性の高いアセトアセチル基を側鎖の一部に導入したAA化PVAを保護コロイドに用いた耐水性の酢酸ビニル樹脂エマルジョン(EPVAc)を合成した。そして,接着剤の物性と木材接着性能について一般のEPVAcと比較検討した結果,以下のことが明らかとなった。<br>1)20℃および60℃処理では接着剤の物性に大きな変化は認められなかったが,120℃で2時間以上の加温を行った場合はAA化PVAが自己架橋を起こし,PVAのガラス転移に基づくE″ピークの高温側へのシフトや高温域におけるE′の低下が抑えられた。<br>2)AA化PVAを保護コロイドに使用すると,酢酸ビニル樹脂エマルジョンフイルムの水への溶解性が低下し,吸湿性が向上することがわかった。また,吸湿フイルムの動的粘弾性により,加温処理を行ったAA化PVAは吸湿による可塑化の程度が低く貯蔵弾性率の低下が抑えられることがわかった。<br>3)AA化PVAを使用した酢酸ビニル樹脂エマルジョンは通常PVAを使用した酢酸ビニル樹脂エマルジョンに比べて耐水接着性能が高く,特に120℃で加温処理を行った場合に飛躍的に木材接着性能が向上することが明らかになった。

Recently, acetoacetylated PVA (AAPVA) was introduced where part of the PVA side-chain was replaced with the reactive acetoacetyl group. A waterproof-type polyvinyl acetate emulsion (EPVAc) was synthesized by using AAPVA as the protective colloid of the emulsion adhesive on the basis of investigations of the characteristics of EPVAc. Its physical properties and wood bonding performance were investigated as summarized below.<br>1)After heat treatments of both 20 and 60°C, the physical properties of the adhesive did not show a large change. However, when heated at 120°C for 2 hours, AAPVA self-crosslinked and E" peak temperature became high, while the reduction of E' value was less at the high temperature region.<br>2)Hygroscopicity and water-solubility of EPVAc films were improved with AAPVA used as a protective colloid. Furthermore, it was proven that the plasticization of films by moisture absorption and the lowering of the storage modulus by heating were moderated for EPVAc films with AAPVA used as the protective colloid.<br>3)The water resistance of EPVAc using AAPVA was higher than EPVAc using normal PVA, and the wood bonding performance was rapidly improved by heating at 120°C.

収録刊行物

  • 木材学会誌  

    木材学会誌 53(1), 25-33, 2007-01-25 

    日本木材学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018503359
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240329
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00214795
  • NDL 記事登録ID
    8664065
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-484
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ