改正建築基準法に対応した新築住宅における室内空気質の実態調査(第2報) : VOC気中濃度の実態 Field Measurement of Indoor Air Quality in Newly Constructed Houses according to the Revised Building Standard Law in Japan II : Field measurement of concentration of VOCs in indoor air

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

前報では,静岡県及び愛知県で改正建築基準法施行後に新築された,内装材に主にムク材などの天然材料を多用した住宅(天然仕様住宅)10棟20部屋,及び複合フローリングやビニルクロスなどの加工材料を主とした住宅(一般仕様住宅)9棟18部屋について,そのカルボニル化合物気中濃度について報告したが,本報ではVOC気中濃度の実態調査結果を報告する。厚生労働省指針値の対象物質としてはトルエン,スチレン,キシレン,パラジクロロベンゼン,エチルベンゼン,テトラデカンの6物質が検出された。トルエンの平均気中濃度は138μg/m<sup>3</sup> で,指針値を超過したのは全体の約11%であり,一般仕様住宅の方が高濃度であった。スチレンの平均気中濃度は97μg/m<sup>3</sup> で,指針値を超過したのは全体の約11%であり,一般仕様住宅の方が天然仕様住宅より高濃度で,一般仕様住宅においては居間よりも寝室の方が高濃度であった。その他の4物質は指針値を大きく下回る値であった。天然仕様住宅ではテルペン類が放散されるVOCの多くを占め,空気質に多大に影響していた。一方,テルペン類以外の物質は一般仕様住宅に比べて少なかった。従って,天然材料からはテルペン類以外の物質の放散が少ないことが示唆された。

Our previous paper reported the results of carbonyl compounds air concentration in newly built wooden houses in 2004, consisting of 20 living rooms and bedrooms of 10 houses of natural type which is furnished with natural materials, such as solid wood floors and wall panels, and 18 rooms of 9 houses of general type which is furnished with artificial materials such as bonded wood materials for floor and polyvinyl covering for walls and ceilings, according to the revised Building Standard Law in Shizuoka and Aichi prefectures. In this paper we report the results of VOCs air concentration measurements. Toluene, styrene, xylene, p-dichlorobenzene, ethylbenzene and tetradecane were detected as guideline substances for indoor air quality of the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan. Toluene air concentration averaged 138μg/m<sup>3</sup>, and the concentration of about 11% of all rooms was over the guideline value (260μg/m<sup>3</sup>). Toluene concentration in general type rooms was higher than in natural type rooms. Styrene air concentration averaged 97μg/m<sup>3</sup>, and the concentration of about 11% of all rooms was over the guideline value (220μg/m<sup>3</sup>). Styrene concentration in general type rooms was higher than in natural type rooms. In addition, for general type houses, its concentration in bedrooms was higher than in living rooms. Air concentrations of the other four substances were low compared to the guideline values. The most abundant emission substances found in natural type houses were terpenoids. In addition, the concentration of substances other than terpenoids in natural type houses was lower than in general type houses. Furthermore, it was shown that for emission substances except terpenoids, low emission was found for the natural materials.

収録刊行物

  • 木材学会誌

    木材学会誌 53(1), 40-45, 2007-01-25

    日本木材学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

  • <no title>

    国土交通省

    シックハウス対策の技術的基準の説明資料, 2003

    被引用文献1件

  • <no title>

    吉田弥明

    シックハウス対策の最新動向-環境設計 測定 治療-, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    (独) 森林総合研究所

    シックハウスと木質建材資料集, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    厚生省生活衛生局企画課生活化学安全対策室

    シックハウス (室内空気汚染) 問題に関する検討会中間報告書-第1回-第3回のまとめについて (別添2) 室内空気中化学物質の採取方法と測定方法, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    厚生労働省医薬局審査管理課化学物質安全対策室

    シックハウス (室内空気汚染) 問題に関する検討会中間報告書-第8回-第9回のまとめについて, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    (社) 日本木造住宅産業協会

    「木造軸組工法住宅のシックハウス対策」調査 研究報告書, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    (独) 森林総合研究所

    シックハウスと木質建材資料集, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    森川岳

    第55回日本木材学会大会研究発表要旨集, 京都, 2005, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    森川岳

    第55回日本木材学会大会研究発表要旨集, 京都, 2005, 2005

    被引用文献1件

  • 改正建築基準法に対応した新築住宅における室内空気質の実態調査(第1報) : カルボニル化合物気中濃度の実態

    樋田 淳平 , 高塚 早紀 , 山田 雅章 , 滝 欽二 , 吉田 弥明 , 山田 誠

    木材学会誌 53(1), 34-39, 2007-01-25

    機関リポジトリ J-STAGE DOI 参考文献11件 被引用文献4件

  • フィトンチッドと森林浴

    谷田貝 光克

    木材工業 39(1), p3-8, 1984-01

    被引用文献2件

被引用文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018503384
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240329
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00214795
  • NDL 記事登録ID
    8664093
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-484
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ