位相変調に基づく電子透かし手法 : 復号処理で原画像を参照しないための改良 A Phase Modulation Based Digital Watermark Method : Improvements for Decoding Algorithm Without Original Images

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

著者らは既に,画像データにおける標本化格子の二次元位相変調の概念に基づく付加情報埋め込み方式を提案している.この方式は,復号の際,参照信号として原画像が必要となる.本稿では,復号の際に原画像を必要としない新しい位相変調に基づく埋め込み方式を提案する.提案方式は,画質劣化が小さいこと,画像の改ざんが検出できることなどの特長を有することを明らかにする.

A data embedding method, which is based on the two-dimensional phase modulation of sampling lattice, has been proposed. In this paper, we present an improved version of the phase modulation based data embedding method, which has no use of original images in the decoding process.

収録刊行物

  • 画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan  

    画像電子学会誌 = Imaging & Visual Computing The Journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan 36(1), 41-45, 2007-01-25 

    The Institute of Image Electronics Engineers of Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018504796
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00041650
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    02859831
  • NDL 記事登録ID
    8873566
  • NDL 雑誌分類
    ZN33(科学技術--電気工学・電気機械工業--電子工学・電気通信)
  • NDL 請求記号
    Z16-810
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ