高齢化の進むハンセン病療養施設におけるうつ病の臨床的特徴について Elderly depression in a Japanese leprosarium

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ハンセン病国立療養所のなかのひとつである国立療養所多磨全生園における精神科治療の実情を報告した。また、平成12年から平成16年までに精神科外来通院中ないし通院歴のある寛解しているうつ病患者において、罹患年数、精神症状の特徴、寛解期における精神症状尺度の調査を行った。抑うつ症状としては心気・身体症状が特徴的であった。うつ病スケールと隔離期間との相関は認められなかった。また施設設立 (明治42年) から平成18年1月までの期間中に確認された自殺者は42名であり、精神障害の関与が疑われた例も認められた。また高齢者の自殺も発生していた。<br>高齢化の進むハンセン病療養施設においては、うつ病を中心とした気分障害の診断、治療はますます重要になると考えられる。精神科医療の確立に加えて、心理学的ケア・アプローチの導入など、メンタル面での充実が、ハンセン病回復者の今後の生活の質の向上に重要であると考える。

This report described the distribution of the patients who had been treated by psychiatrist in the National Tamazenshouen Sanatorium, a major leprosarium in Japan. We also investigated the characteristics of patients who had suffered a depressive episode during the last 5 years. Somatic symptoms were the predominant symptoms and were not limited to clinical signs unique to leprosy. The period of isolation was not significantly correlated with the geriatric depression scale. Forty-two residents had committed suicide since the leprosarium was established in 1909. The findings of this study emphasize the importance of psychosocial intervention to the residents.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy  

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 76(1), 3-9, 2007-02-01 

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018506930
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ