2006年における世界のハンセン病の現況について Present leprosy situation in the world in 2006

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石井 則久 ISHII Norihisa
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Department of Bioregulation, Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases
    • 永岡 譲 NAGAOKA Yuzuru
    • 国立療養所多磨全生園皮膚科 Department of Dermatology, National Sanatorium Tama-Zenshoen Hospital
    • 森 修一 MORI Shuichi
    • 福島県立医科大学医学部微生物学講座 Department of Microbiology, School of Medicine, Fukushima Medical University
    • 鈴木 幸一 SUZUKI Koichi
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Department of Bioregulation, Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases

抄録

世界のハンセン病の疫学は各国の保健担当の部署から世界保健機関 (WHO) に報告される。報告されたデータはWHOによってまとめられ、速報的に週間疫学記 (weekly epidemiological record) に掲載される。今回、2006年初頭のデータが報告された。それによると、1,000例以上の新患発生のある国々が世界で17ヵ国あり、新規患者数が増加傾向にある国も存在することが示された。早期発見と無料薬剤の安定的供給を継続するとともに、医療サービスの統合化が重要であることなどが述べられている。

The epidemiological situation of leprosy is reported by the health division of each country to WHO. The reported data is collected by WHO and is immediately run on the Weekly Epidemiological Record. On this latest edition, data from the beginning of 2006 was reported. Early case detection and treatment with multidrug therapy (MDT) remains the cornerstone of leprosy control. The challenge will be to establish these facilities as part of an integrated system that provides referral services for other diseases in the area.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy  

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 76(1), 19-28, 2007-02-01 

    Japanese Leprosy Association

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018506970
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ