ハンセン病と医学II : 絶対隔離政策の進展と確立 Leprosy and Medicine II : Progress and its establishment of an absolute isolation policy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森 修一 MORI Shuichi
    • 福島県立医科大学医学部微生物学講座 Department of Microbiology, School of Medicine, Fukushima Medical University
    • 石井 則久 ISHII Norihisa
    • 国立感染症研究所ハンセン病研究センター生体防御部 Department of Bioregulation, Leprosy Research Center, National Institute of Infectious Diseases

抄録

ハンセン病政策と医学の関わりに焦点を当て、特に隔離政策について、日本の隔離政策の独自性と世界の政策との共通性を考察した。世界のハンセン病史、欧州の隔離の歴史を考証し、近代医学が隔離を提唱する背景と日本の隔離に与えた影響を歴史的、医学史的に検討した。また、絶対隔離政策進展の経過とその背景、プロミン以降の世界の隔離、日本に於ける隔離継続の要因を考察した。

The leprosy policy of Japan began from when the government enacted "law No. 11 (The leprosy prevention act)" in 1907 (Meiji 40) and several leprosy sanatoriums were built to receive previously homeless patients. Then, with the rise of totalitarianism, the isolation policy of Japan gained national support under the slogan "Patient Relief", which would become a major factor behind the enactment of "Leprosy Prevention Law" in 1931 (Showa 6) by which the leprosy policy was changed to one of absolute isolation aimed at the internment of all leprosy patients.<br>From recent research on the leprosy policy of Japan, the internment of all leprosy patients, isolation for life, social defense, and neglect of patients' human-rights had tragic results in many cases. However, there is little research which can reply clearly to the question of whether the leprosy policy of Japan was really original and what factors led to the formation of the absolute isolation policy.<br>This paper focuses on the relation between leprosy policy and treatment, and from this, I make clear the similarities, or peculiarities, of the isolation policy between Japan and the rest of the world, while clarifying the factors associated with the progress of the absolute isolation policy.<br>The processes involved were historical and medical historical in that the relation between the formation of a national health system and the progress of the isolation policy of Meiji Era, the proposal of the isolation policy by Dr. Keizo Dohi, Dr. Shibasaburo Kitasato, and Dr. Masatsugu Yamane; the practical application of this policy by Dr. Kensuke Mitsuda, and the decision to enact this policy and its support by the Health and Medical Bureau and the Department of the Interior, as well as many other factors, all contributed to the final implementation of the absolute isolation policy.

収録刊行物

  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy

    日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 76(1), 29-65, 2007-02-01

    Japanese Leprosy Association

参考文献:  114件中 1-100件 を表示

  • 1 / 2
  • Comments on the history of Leprosy

    LOWE J.

    Indian Medical Caz, 1942

    被引用文献1件

  • Pathological changes in mummies

    ROWLING JL

    Proc Roy Soc Med 54, 409, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    中国の古文書に見られるハンセン病, 1998

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    荒井英子

    ハンセン病とキリスト教, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    MEYER TH

    図説医学史, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    ジャック リュフィエ

    ペストからエイズまで-人間史における疫病-, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    荒井英子

    ハンセン病とキリスト教, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    イルジーグラー フランツ

    中世のアウトサイダーたち, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    池上俊一

    歴史としての身体-ヨーロッパ中世の深層を読む-, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    蔵持不三也

    ペストの文化誌-ヨーロッパの民衆文化と疫病-, 2001

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上謙

    らい予防方策の国際的変遷, 1957

    被引用文献1件

  • 布哇に於ける癩の発生

    篠崎正孝

    第6回第7回日本癩学会会誌, 1935, 1935

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • Hansen とらい菌の発見

    MANGE PF

    日ハンセン病会誌 63, 21-24, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • 第一回国際らい会議の我が国への影響 (1)

    オカノ ユキオ

    愛生 14, 51-58, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    東京帝國大學醫學部皮膚科泌尿器科教室戊戌會編

    鶚軒先生遺稿 上, 308-309, 1932

    被引用文献1件

  • <no title>

    アッカークネヒトEH

    ウィルヒョウの生涯, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    内務省衛生局

    各国ニ於ケル癩予防法規, 1920

    被引用文献1件

  • <no title>

    高野六郎

    北里柴三郎, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    高野六郎

    北里柴三郎, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    高野六郎

    北里柴三郎, 1965

    被引用文献1件

  • <no title>

    山田弘倫

    皮膚病診断及治療法, 1901

    被引用文献1件

  • <no title>

    光田健輔

    愛生園日記, 1958

    被引用文献1件

  • <no title>

    光田健輔

    愛生園日記, 1958

    被引用文献1件

  • <no title>

    桜井方策

    救癩の父 光田健輔の思い出-ライ者と歩んだ六十年-, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    光田健輔

    愛生園日記, 1958

    被引用文献1件

  • <no title>

    第13回帝国議会衆議院議事速記録, 1898-99, 1899

    被引用文献1件

  • <no title>

    山本俊一

    日本らい史, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    第18回帝国議会衆議院議事速記録, 1902-3, 1903

    被引用文献1件

  • <no title>

    山本俊一

    日本らい史, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    第22回帝国議会衆議院議事速記録, 1905-6, 1906

    被引用文献1件

  • <no title>

    光田健輔

    愛生園日記, 1958

    被引用文献1件

  • <no title>

    光田健輔

    回春病室, 1950

    被引用文献1件

  • 古弗氏の結核及癩病に對する意見

    医海時報 733, 929-930, 1908

    被引用文献1件

  • <no title>

    山本俊一

    日本らい史, 2000

    被引用文献1件

  • 癩予防制度創設の當時を回顧す

    日本社会事業大学編

    編窪田静太郎論集, 1980

    被引用文献1件

  • <no title>

    テッド グーゲリック

    隔離される病, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上謙

    らい予防方策の国際的変遷, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上謙

    らい予防方策の国際的変遷, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    林文雄

    世界癩視察旅行記, 1932

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    林文雄

    世界癩視察旅行記, 1932

    被引用文献1件

  • <no title>

    テッド グーゲリック

    隔離される病, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    テッド グーゲリック

    隔離される病, 2000

    被引用文献1件

  • 癩の離隔および治療法

    東京帝國大學醫學部皮膚科泌尿器科教室戊戌會編

    鶚軒先生遺稿 下, 1234-1238, 1932

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    山本俊一

    日本らい史, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    国家医学会雑誌 404, 514, 1920

    被引用文献1件

  • <no title>

    第52回帝国議会衆議院速記録、1927, 1927

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    藤本浩一

    鈴蘭村, 1970

    被引用文献1件

  • <no title>

    藤本浩一

    鈴蘭村, 1970

    被引用文献1件

  • The epidemiology of leprosy

    NOORDEEN SK

    Leprosy, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    Intergovernmental Conference of Far-Eastern Countries on Rural Hygiene, 1937, 1937

    被引用文献1件

  • <no title>

    Leonard Wood Memorial Conference on Leprosy (Report of the Leonard Wood Memorial Conference on Leprosy. 1931), 1931

    被引用文献1件

  • <no title>

    Report of the Leonard Wood Memorial Conference on Leprosy. 1931, 1931

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上謙

    らい予防方策の国際的変遷, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    林文雄

    世界癩視察旅行記, 1932

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上謙

    らい予防方策の国際的変遷, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    テッド グーゲリック

    隔離される病, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    テッド グーゲリック

    隔離される病

    被引用文献1件

  • <no title>

    高野六郎

    衛生読本, 1937

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    癩予防法施行規則 内務省令第十六号, 1931

    被引用文献1件

  • <no title>

    全国ハンセン氏病患者協議会編

    全患協運動史, 2002

    被引用文献1件

  • 本邦癩予防制度創設事情に就きて

    窪田静太郎

    第8回日本癩学会会誌 (別冊), 1935, 1935

    被引用文献1件

  • The promine treatment of leprosy : a progress report

    FAGET GH

    Public Health Rep 58, 1729-1741, 1943

    被引用文献1件

  • <no title>

    柳橋寅男編

    国際らい会議録, 1957, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    第二回汎アメリカらい会議, 1946, 1946

    被引用文献1件

  • <no title>

    第五回国際らい会議, 1948, 1948

    被引用文献1件

  • <no title>

    第五回国際らい会議, 1948, 1948

    被引用文献1件

  • <no title>

    第三回汎アメリカらい会議, 1951, 1951

    被引用文献1件

  • <no title>

    WHOらい専門委員会, 1952, 1952

    被引用文献1件

  • <no title>

    WHO Expert Committee on leprosy, 1970

    被引用文献1件

  • <no title>

    井上謙

    らい予防方策の国際的変遷, 1957

    被引用文献1件

  • <no title>

    WHO Inter Regional Leprosy Conference : WHO/Lep Cont/21, 1958, 1958

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    テッド グーゲリック

    隔離される病, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    テッド グーゲリック

    隔離される病, 2000

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • らいのプロミン療法

    横田篤三

    第20回日本癩学会総会資料

    被引用文献1件

  • <no title>

    全国ハンセン氏病患者協議会編

    全患協運動史, 2002

    被引用文献1件

  • <no title>

    犀川一夫

    ハンセン病政策の変遷, 1999

    被引用文献1件

  • 1 / 2

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018506971
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10559906
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13423681
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ