重症心身障害児の呼吸障害における血清KL-6の有用性の検討 Serum level of KL-6 concerned with respiratory complications in patients with severe motor and intellectual disabilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大森 啓充 OHMORI Hiromitsu
    • 社会福祉法人旭川荘南愛媛療育センター Minami-Ehime Medical Rehabilitation Center, Asahigawasou Corporation for Social Welfare
    • 吉田 幸生 YOSHIDA Yukio
    • 社会福祉法人旭川荘南愛媛療育センター Minami-Ehime Medical Rehabilitation Center, Asahigawasou Corporation for Social Welfare
    • 村上 澄恵 MURAKAMI Sumie
    • 社会福祉法人旭川荘南愛媛療育センター Minami-Ehime Medical Rehabilitation Center, Asahigawasou Corporation for Social Welfare
    • 児玉 和夫 KODAMA Kazuo
    • 社会福祉法人愛徳福祉会大阪発達総合療育センター Osaka Developmental Rehabilitation Center, Aitokufukushikai Corporation for Social Welfare
    • 末光 茂 SUEMITSU Shigeru
    • 社会福祉法人旭川荘南愛媛療育センター Minami-Ehime Medical Rehabilitation Center, Asahigawasou Corporation for Social Welfare

抄録

シアル化糖鎖抗原KL-6は肺の線維化をきたす間質性肺炎などの血清マーカーとして, その有用性は小児科領域でも報告されている。一方, 重度の肢体不自由と重度の知的障害を併せもつ重症心身障害児 (者) (以下, 重症児と略す) では, 肺炎などの呼吸器系合併症が多くみられ, 人工呼吸管理など高度な医療的管理が必要な著しく重度ないわゆる'超重症児'が増加傾向にある。そのため, 重症児の医療的ケアにおいて, 呼吸管理や呼吸器系合併症への対応はきわめて重要である。今回, 南愛媛療育センター入所中の重症児を対象に, 運動能力, 気管切開や経管栄養の有無, 脊柱変形の程度と血清KL-6値との関連について検討した。その結果, 気管切開施行中の呼吸障害を有する重症児では, KL-6値は高い傾向にあったが, 呼吸障害がないが脊柱変形がある重症児でもKL-6値は高い傾向がみられた。また, 人工呼吸管理や胃痩造設術を施行した症例では血清KL-6値の低下がみられた。血清KL-6値は重症児の呼吸器系合併症をケアする上で, ひとつの有用な指標になるのではないかと思われた。

It has been reported that KL-6 is a clinically useful marker for various interstitial lung diseases in clinical studies.<BR>KL-6 values in children without respiratory disease is less than 250U/ml.Patients with Severe Motor and Intellectual Disabilities (SMID) have severe lower respiratory infections such as pneumonia. This accounts for more than half the deaths of these children.Children with severe respiratory complications who need respiratory care in SMID have increased.In medical management of SMID, it is very important to care for and treat the respiratory complications.The purpose of the present study was to examine correlations between levels of KL-6 and factors such as tracheostomy, tube feeding, thoracic deformity and locomotor abilities.Some patients with a tracheostomy and chronic respiratory disease showed higher KL-6 levels compared to those with no respiratory disease.<BR>But also those with no chronic respiratory disease and with no tube feeding but a thoracic deformity and pneumonia caused by gastro-esophageal reflux also had high KL-6 levels.Serum KL-6 would provide valuable information on the management of patients in SMID with respiratory complications.

収録刊行物

  • 日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology  

    日本小児呼吸器疾患学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology 17(2), 128-136, 2006-12-28 

    Japanese Society of Pediatric Pulmonology

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018507666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10297832
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09183876
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ