Executable UML 分析/設計法の定式化 : CAPISモデル方式による思考過程の適用 Formulation of Executable UML Analysis / Design Method : Application of Thought Processes by CAPIS Model Method

この論文をさがす

著者

    • 中川 雄祐 NAKAGAWA Yusuke
    • 日本大学大学院工学研究科情報工学専攻 Graduate School of Computer Science, College of Engineering, Nihon University
    • 大山 勝徳 OYAMA Katsunori
    • 日本大学大学院工学研究科情報工学専攻 Graduate School of Computer Science, College of Engineering, Nihon University

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学  

    電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学 106(472), 13-18, 2007-01-15 

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018512280
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10386841
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ