頸部脊椎損傷後アトロピン耐性高度徐脈におけるアミノフィリンおよびテオフィリン投与の有効性 Sequential Use of Aminophylline and Theophylline for the Treatment of Atropine-Resistant Bradycardia After Spinal Cord Injury : A Case Report

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Journal of cardiology  

    Journal of cardiology 49(2), 91-96, 2007-02-15 

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018513929
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10070473
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09145087
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ