ゴルジ体ユニットによる糖修飾の制御 Regulation of Glycosylation by Golgi Units

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

細胞外に分泌または細胞膜上に提示されるタンパク質の多くは、糖鎖による翻訳後修飾を受ける。そのような糖鎖の構造は、タンパク質、細胞、組織、年齢、生物種、個体によって大きく異なる。このような糖修飾の多様性がどのように制御されているかについては、現在のところ、多くの部分がわかっていない。このレビューでは、我々が見出した、多様な糖修飾を制御する「ゴルジ体ユニット」について議論したいと思う。

Most secretory and transmembrane proteins are posttranslationally modified with various glycans. The structures of glycans attached to the proteins depend on proteins, cells, tissues, ages, species and individuals. However, the mechanism of regulation to generate such diverse glycans in a cell has not been revealed. In this review, we would like to discuss our finding, "Golgi units" that would regulate the variety of glycosylation.

収録刊行物

  • Trends in glycoscience and glycotechnology  

    Trends in glycoscience and glycotechnology 18(104), 347-351, 2006-12-26 

    FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018515970
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10995236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09157352
  • NDL 記事登録ID
    8682753
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-1303
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ