無脊椎動物由来糖脂質の合成と生物活性 Syntheses and Biological Activities of Glycosphingolipids from Invertebrate Species

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

我々の研究室では無脊椎動物の構造とその生物機能の関係について興味を持っている。この総説では無脊椎動物の中で特に寄生虫 (条虫と回虫)、ヤスデ、海綿より見出された糖脂質の糖鎖合成と生物活性について詳述する。

We have been interested in the relationships between the structure and biological function of glycosphingolipids from invertebrate species. This review describes the oligosaccharide syntheses and biological activities of glycosphingolipids in invertebrates, focusing especially on the glycosphingolipids found in cestoda parasite, millipede, nematoda parasite and marine sponge.

収録刊行物

  • Trends in glycoscience and glycotechnology  

    Trends in glycoscience and glycotechnology 18(104), 383-399, 2006-12-26 

    FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)

参考文献:  64件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018516097
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10995236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09157352
  • NDL 記事登録ID
    8682787
  • NDL 雑誌分類
    ZP24(科学技術--化学・化学工業--糖・澱粉)
  • NDL 請求記号
    Z17-1303
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ