Stimulation of Melanogenesis by the Citrus Flavonoid Naringenin in Mouse B16 Melanoma Cells

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Naringenin is a naturally occurring citrus flavanone. In this study, we examined the effect of naringenin on melanogenesis in mouse B16 melanoma cells. Melanin contents and tyrosinase activities were strongly increased by naringenin. Naringenin was found to cause marked increases in the expression levels of melanogenic enzymes.

収録刊行物

  • Bioscience, biotechnology, and biochemistry  

    Bioscience, biotechnology, and biochemistry 70(6), 1499-1501, 2006-06-23 

    Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018530485
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10824164
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09168451
  • NDL 記事登録ID
    7959069
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR2(科学技術--生物学--生化学) // ZP1(科学技術--化学・化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z53-G223
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ