複数のすべり面を持つ地すべりに対する受働杭型くさび杭の定式化 A formulation for passive type cotter pile against the landslide with multiple slip surfaces

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

複数のすべり面を持つ地すべりに対する対策のための受働杭型くさび杭の設計計算法を定式化した。定式化の骨子はすべり面での変位の不連続性を考慮できるようにChangの式を拡張した杭の基本式とヤンブ法に準じた斜面安定性評価理論を連成させたところである。本方法により移動層の全体変位, 各スライスの内力とその作用位置, 杭に発生する応力等設計に必要な諸量を得ることができる。計算例は, 全体としての移動層の諸元が同じであっても, 1層である場合と2層である場合には発生する応力・変形量等に大きな差があることを示している。

A formulation for passive type cotter pile against the landslide with multiple slip surfaces has been proposed in this paper. The prime focus was the coupling of two different approaches. One is Chang's pile equation, which was extended to deal with displacement discontinuity at slip surface and the other is the slope stability assessment theory similar to Janbu's. By using the proposed formulation, an engineer can obtain almost all the state parameters with regard to both the pile and landslide mass, necessary to design the pile for landslide prevention. Example calculations show the significant differences between one layer of landslide mass and two or more layers with state quantities, such as stress, displacement etc.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 43(5), 259-269, 2007-01-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018538475
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    8667914
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ