貯水池周辺地すべりにおける残留率の要因分析 Factor analysis of residual ratio of pore water pressure on landslide along reservoir

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 江田 充志 KODA Atsushi
    • 独立行政法人土木研究所土砂管理研究グループ Erosion and Sediment Control Research Group, Public Works Research Institute
    • 鈴木 将之 SUZUKI Masayuki
    • 独立行政法人土木研究所土砂管理研究グループ Erosion and Sediment Control Research Group, Public Works Research Institute
    • 石井 靖雄 ISHII Yasuo
    • 独立行政法人土木研究所土砂管理研究グループ Erosion and Sediment Control Research Group, Public Works Research Institute

抄録

貯水池周辺地すべりでは貯水位降下に伴い発生する残留間隙水圧を考慮して安定解析が行われる。筆者らは残留間隙水圧の残留率に影響を及ぼす要因を把握するため, 単純な斜面モデルを用いた浸透流解析とこれまでに現地で観測された実際の残留率の分析を行った。その結果, 残留率は貯水位が降下した時間及び水際からすべり面までの水平距離と相関性が高いことが明らかとなった。さらに, 貯水位降下時間と水際からすべり面までの水平距離により残留率を表現する方法を示した。

Slope stability analysis for landslide along reservoir is performed in consideration of influence of residual pore water pressure caused by the drawdown of reservoir water level. The authors carried out seepage flow analysis of simple slope models and field dataset analysis of the residual ratio of pore water pressure, in order to examine the factors that have an influence on the residual ratio. As a result of analysis, it has high correlation between the residual ratio and two factors which are drawdown time of reservoir water level and horizontal distance from water's edge of reservoir to slip surface. We also showed representation method of the residual ratio by these two factors.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 43(5), 270-282, 2007-01-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018538495
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    8667937
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ