2004年新潟県中越地震にともなう地すべり・崩壊発生場の地形・地質的特徴のGIS解析と土質特性の検討 GIS analysis on geomorphological features and soil mechanical implication of landslides caused by 2004 Niigata Chuetsu earthquake

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2004年新潟県中越地震にともなって発生した地すべり・崩壊の発生場の地形・地質・土質的特徴を地形図, GISならびに土質試験・安定解析を用いて検討した。その結果, 以下のことが明らかとなった。<br>1. 2004年新潟県中越地震による地すべり (深層すべり) は, 芋川や塩谷川流域の梶金向斜沿いの地域に集中して発生した。それらは, 旧期の地すべり地形の一部が再活動したものである。これには, 魚沼丘陵を開析する河谷に沿った30°程度の急な谷壁斜面の発達が関わっていることが示唆された。<br>2. 大規模な地すべりによる地形変位量を地震前後のDEM (数値地形モデル) から算出した。滑落崖付近での陥没, 移動体による旧河道の埋積, 旧地表面に対する乗り上がり・隆起が捉えられたほか, 移動体から受ける側圧で発生した河床の隆起も認められた。特に大日岳北側 (塩谷神沢川最上流部) では, 上下変動量がともに最大で40m以上の規模で発生した。<br>3. 崩壊は, その6割以上が45°以上の急斜面で発生している。<br>4. 地すべりの大半は層すべり型でその発生場での元斜面勾配は, 13-26°の範囲で, そのモードは21-26°である。そのうちモードは, 東北日本内弧・新第三系堆積岩地域のそれに比べ数度程度大きいことから, 地震動なしには地すべりが発生しにくい土質条件下にあった。<br>5. リングせん断試験および原位置一面せん断試験によるすべり面のせん断強度は, 砂岩と泥岩の層界にすべり面が形成されている場合, 完全軟化強度<i>c</i>'=0kPa, φ'=35°, 残留強度は<i>c<sub>r</sub></i>'=0kPa, φ<i>r</i>'=30°の値を示し, 泥岩・シルト岩のすべり面では完全軟化強度<i>c</i>'=0~10kPa, φ'=30°, 残留強度は<i>c<sub>r</sub></i>'=10kPa, φ<i>r</i>'=20°の値が得られた。既報告の第三紀層すべり面の平均残留強度値 (眞弓ほか, 2003) と比較した場合, シルト岩のすべり面は10°程度大きな値である。

This study clarifies geomorphological and geological background of landslides caused by 2004 Niigata Chuetsu earthquake, using GIS analysis. And it also discusses soil mechanical features of the landslides before the earthquake. It is summarized as follows;<br>1. Most of newly formed deep seated landslides are reactivated ones distributed along Imokawa River that incises Uonuma Hills, forming steep valley side slope more than 30 degrees.<br>2. GIS processing reveals detail ground deformation of each large scale landslide, using DEM detected before and after the earthquake.<br>3. More than 60% of surface failure type landslides occurred on steep slope more than 45 degrees.<br>4. Most of deep seated landslides occurred on dip slope. Gradient of original slopes range from 13 to 26 degrees and the mode is from 21 to 26 degrees. That means original slope before the earthquake were quite stable, considering that the gradient mode of original slope consisted of the same types of geology in Northeastern Japan is from 15 to 20 degrees. And it implies the earthquake just triggered the landslides.<br>5. Soil tests and inversion analysis on slope stability confirm that earthquake tremor induced numerous landslide in the study area.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 43(5), 294-306, 2007-01-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  12件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018538533
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    8668021
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ