日本の医薬品開発におけるトランスレーショナルリサーチの役割 Effectiveness of translational research on the domestic drug development process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

トランスレーショナルリサーチ(TR)は,基礎研究の成果を臨床で実証していく"bench-to-bedside"アプローチを基本とする.TRは,医薬品開発における研究開発期間と研究開発費の効率化,研究開発組織の変革,バイオベンチャーの育成などを促し,さらに,これらが相乗的に国内の医薬品開発プロセスを変革し,国内製薬企業の国際競争力を立て直す推進力になる.

The core of translational research (TR) is the idea of "bench-to-bedside", establishing achievements of basic research through clinical applications. TR revolutionizes the current drug development process in Japan, encouraging faster and more cost-effective drug development, transforming the R&D organizations, and fostering bio-venture companies. TR is a powerful process in reviving the international competitiveness of domestic pharmaceutical companies.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 22(1), 36-42, 2007-01-10 

    日本DDS学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018541641
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8676556
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ