薬物代謝の動物種差 : 動物のデータはヒトにどこまで迫れるか Species difference of drug metabolism: difficulty of prediction of drug disposition in human from animal data:difficulty of prediction of drug disposition in human from animal data

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

医薬品の開発においては,ヒト臨床試験に先立ち,動物実験で安全性・有効性が確認される.しかしながら,ヒトと実験動物の体内動態には相違があり,動物実験の結果をヒトに反映できないことがある.その原因の一つとして,主な消失過程である代謝の経路および速度がヒトと異なることがあげられる.本稿では薬物代謝の動物種差について説明し,ヒトにおける体内動態を予測するための試みを紹介する.

In the process of drug development, animal experiments are inevitable but may not reflect accurately the human conditions due to species difference in drug disposition, especially metabolism. In this paper, species differences in drug metabolizing enzymes and a method to predict human pharmacokinetics are explained.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 22(1), 48-53, 2007-01-10 

    日本DDS学会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018541660
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8676579
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ