DDS製剤のTRの望むべき方向 : DDS製剤の承認へ向けて Translational research of drug delivery system and the investigational new drug application for DDS

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松村 保広 MATSUMURA Yasuhiro
    • 国立がんセンター東病院臨床開発センターがん治療開発部 Investigative Treatment Division, Research Center for Innovative Oncology, National Cancer Center Hospital East

抄録

トランスレーショナルリサーチ(TR)の目的は,基礎研究で得られた知見を臨床研究に組み込むこと,あるいはその反対で,臨床での知見を基礎研究に反映させることである.究極的には新しい治療方法を出来るだけ早く,出来るだけ正確に臨床応用させるための学問ということが出来る.本稿では,種々の抗がん剤内包ミセルを例としてDDS製剤に関するTRを紹介するとともに,DDS製剤の承認申請へ向けた問題点についても言及する.

The purpose of translational research(TR) is to integrate the information from basic research into clinical study and vice versa. The ultimate goal of TR is to bring a new remedy in clinics with reasonable fashion. In this chapter, example of several TRs regarding anticancer agents incorporated micelles are introduced and several problematic issues regarding investigational new drug application for DDS are discussed.

収録刊行物

  • Drug delivery system  

    Drug delivery system 22(1), 60-64, 2007-01-10 

    日本DDS学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018541695
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084591
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09135006
  • NDL 記事登録ID
    8676594
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1945
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ