実験動物関連法令と動物実験ガイドラインの6月1日付一斉施行について Regulations and Guidelines on Scientific and Ethical Care and Use of Laboratory Animals Enforced on June 1, 2006

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正により,動物実験の国際原則である3Rが明文化された.同法に基づく環境省の「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」は,その改定を経て3RのうちのRefinementを努力義務として明確に規定した.一方,動物実験の適正化は法規制によるのではなく,ガイドラインに基づく研究機関ごとの自主管理が適切であるとの判断から,科学技術を推進する省庁(文科省,厚労省,農水省)が3Rを踏まえた基本指針を,そして日本学術会議が文科省,厚労省の依頼により,基本指針に基づく詳細指針(「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン」)を策定した.改正法,改定基準,および新規に策定された基本指針とガイドラインのすべてが2006年6月1日に一斉施行された.<br>

With the amendment of the Law for the Humane Treatment and Management of Animals, the 3R principle has been given legal standing and "Refinement" among the three Rs is specified by the Standards Relating to the Care and Management of Laboratory Animals and Relief of Pain. In accordance with the consensus that appropriate <i>in vivo</i> research should be better accomplished based on guidelines and not by stringent legislation, regulatory agencies promoting science and technology established basic policies for the conduct of animal experiments based on the 3R principle. The agencies requested the Science Council of Japan to formulate more detailed guidelines so that the guidelines can serve as a vital reference when institutions establish their in-house regulations. The amended Law and Standards and newly established Policies and Guidelines came into force on June 1, 2006.<br>

収録刊行物

  • 腸内細菌学雑誌 = Journal of intestinal microbiology  

    腸内細菌学雑誌 = Journal of intestinal microbiology 21(1), 1-8, 2007-01-01 

    JAPAN BIFIDUS FOUNDATION

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018541737
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11373504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13430882
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ