疎性の利用によるロバスト半正定値計画法の効率化 Exploiting Sparsity in a Matrix-Dilation Approach to Robust Semidefinite Programming

この論文をさがす

著者

    • 猪阪 佑介 ISAKA Yusuke
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo
    • 大石 泰章 OISHI Yasuaki
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo

収録刊行物

  • 計測自動制御学会論文集  

    計測自動制御学会論文集 43(2), 93-101, 2007-02-28 

    計測自動制御学会

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018544310
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00072392
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04534654
  • NDL 記事登録ID
    8723963
  • NDL 雑誌分類
    ZM11(科学技術--科学技術一般--制御工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-482
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ