広域一斉積雪断面観測による平成18年豪雪における積雪の地域特性の研究 Regional characteristics of snow cover by multipoint snow pit observations conducted during the heavy snowfall of 2005/2006 winter in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 和泉 薫 IZUMI Kaoru
    • 新潟大学災害復興科学センター Research Center for Natural Hazards and Disaster Recovery, Niigata University
    • 阿部 修 ABE Osamu
    • 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター新庄支所 Shinjo Branch, Snow and Ice Research Center, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 小杉 健二 KOSUGI Kenji
    • 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター新庄支所 Shinjo Branch, Snow and Ice Research Center, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 山口 悟 YAMAGUCHI Satoru
    • 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター Snow and Ice Research Center, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 竹井 巌 TAKEI Iwao
    • 北陸大学教育能力開発センター Center of Development for Education, Hokuriku University

抄録

平成18年豪雪における積雪の地域特性を明らかにすることを目的として,日本各地の雪氷研究者の協力を得て広域―斉積雪断面観測を2006年2月(上旬及び下旬)に2回実施した.観測地点数は,2月上旬の観測では北海道から中国地方にいたる46地点,2月下旬の観測では北海道から北陸地方にいたる26地点である.観測の結果,平成18年豪雪では,全国的にみた場合,融解凍結が関与するざらめ雪化の進行度合に雪質の地域的差異が最も明瞭に表れており,ざらめ率(積雪深に対するざらめ雪層の厚さの割合)は緯度と標高に強く依存して変化していた.また,積雪全層の平均密度と平均硬度には,2月上旬では低緯度ほど大きい傾向があったが,2月下旬になると平均硬度には顕著な南北差は認められなかった.豪雪地域(山間部)の住民から「今年は雪が硬い」という声が多数聞かれたことに対し,新潟県十日町市におけるラム硬度の観測データを用いて検証した結果,2006年2月上旬と下旬の十日町市の平均ラム硬度は1987年以降では群を抜いて大きいことが分かった.過去の豪雪年のラム硬度との比較から,平成18年豪雪における新潟県山間部の積雪硬度の著しい増加は,豪雪年の特徴であると考えられる.

The objective of this study was to clarify the regional characteristics of snow cover during the winter monsoon season of 2006 when many regions in Japan witnessed record snowfall, which was officially named "Heisei 18 Heavy Snowfall". Pit-wall observations of snow cover were carried out at the beginning and end of February 2006, at 46 and 26 sites, respectively. Consequently, the major difference in snow characteristics from region to region was found to manifest in the degree of melt-freeze metamorphism. That is, the ratio of granular snow thickness to the total snow depth had a tendency to increase with a decrease in the latitude and altitude. The mean snow density tended to be greater at lower latitudes, irrespective of the altitude. Although the mean snow hardness increased with a decrease in the latitude at the beginning of February, this trend disappeared at the end of February. By comparing the Ram hardness data at Tohkamachi obtained in this study with those accumulated since the 1980s, the mean Ram hardness in February 2006 was observed to be the highest in the past 20 years. The remarkable rise in snow hardness in the mountainous regions of Niigata Prefecture is believed to be one of the most noticeable features of snow cover in the winter of extraordinarily heavy snowfall.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 69(1), 9-20, 2007-01-15 

    日本雪氷学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018547622
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8676250
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ