平成18年豪雪をもたらしたラージスケールの大気循環場の特異性 : 過去の豪雪年との比較 Characteristics of large-scale atmospheric circulations associated with the heavy winter snowfall of 2005/06

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ラージスケールの大気循環場の観点から,平成18年豪雪の実態を調べ豪雪発生の要因を考察した.2005年12月が過去50年間で最も冬季東アジアモンスーンが強く,豪雪発生の主要因であると考えられる.冬季モンスーンの強化と関連する特異な大気循環偏差は主に低緯度域で観測された.具体的には,南シナ海・フィリピン海周辺で活発な積雲対流活動がみられ,その対流加熱により中国南部の対流圏上層に非常に強い高気圧が形成された.大規模な高気圧性渦度が定在ロスビー波の波源となり,東方へのエネルギー伝播を通して冬季東アジアモンスーンの強化に寄与した可能性が示唆される.過去の豪雪年と較べて,熱帯からの遠隔強制が強くみられたのが平成18年豪雪の特徴である.

With regard to large-scale atmospheric circulations, we examine the characteristics of the heavy winter snowfall of 2005/06 and discuss its cause.The East Asian winter monsoon intensity index indicates that the monsoon activity in December 2005 was the most pronounced in the past 50 years; this was mainly responsible for the occurrence of the persistent heavy snowfall.Extraordinary atmospheric circulation anomalies associated with the strong monsoon were observed, particularly in low-latitude regions.Large-scale cumulus convection was enhanced in the vicinity of the South China Sea and Philippine Sea, eventually generating an extremely strong anomalous anticyclone in the upper troposphere over southern China. It is suggested that the distinctive anticyclonic vorticity, which can generate stationary Rossby waves, contributes significantly to the reinforcement of the monsoon activity through eastward energy propagation. Compared with previous heavy snowfall winters, the remote forcing from the tropics is more evident in the heavy winter snowfall of 2005/06.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 69(1), 21-29, 2007-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018547633
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8676267
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ