平成18年豪雪における山地積雪の特徴 : 近年の山地積雪の変動の中で Characteristics of snow in Japanese mountainous regions during heavy snowfall in 2005/2006 : Data analyses over a long period

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 山口 悟 YAMAGUCHI Satoru
    • 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター Snow and Ice Research Center, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention
    • 阿部 修 ABE Osamu
    • 防災科学技術研究所雪氷防災研究センター新庄支所 Shinjo Branch, Snow and Ice Research Center, National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention

抄録

平成18年豪雪時の山地の積雪状況がどのようであったかを明らかにするために,全国各地を代表する山地に設置している気象積雪観測点のデータの解析を行った.2005/06冬期の山地における12月の月平均気温は,最近10冬期平均と比べて4℃ほど低い値となった.また12月の降水量も10冬期平均と比べると非常に多かった.その結果,1月中旬以降は,全層平均密度が平均よりも高い状態が続いた.そのために非常に硬い層が形成されていたと推定される.<BR>過去十数年の最大積雪深のデータとの比較を行った結果,白山白峰と妙高笹ヶ峰の2箇所の観測点では,2005/06冬期の値が過去最大となった.一方そのほかの地点では,多少の増減はあるがほぼ平年なみの値となった.また過去12冬期平均と比べると最大積雪深の起日は,北日本ではほぼ平均と同じであったのに対し,西日本では平均より1ケ月以上早く過去12年間でもっとも早い時期となった.

Heavy snowfall was observed in Japan during the winter of 2005/2006. Meteorological data were analyzed to determine the characteristics of the snow cover in the mountainous regions of Japan. The analyses indicated that abnormal weather conditions prevailed in the mountainous regions during December, 2005; to elucidate, as compared to a normal year, the average monthly air temperature was 4°C lower and the sum of the monthly precipitation was much higher. The snow cover in the mountainous regions comprised hard snow layer due to their high snow density over the snow depth. The largest snow depths were recorded in the mountainous regions of central Japan, while average snow depths were recorded at other sites. The period of maximum snow depth in the western mountainous regions during 2005/2006 occurred one month earlier than that during a normal year due to the cold weather and heavy precipitation conditions during December, 2005.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 69(1), 53-59, 2007-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018547674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8676307
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ