2005/06年冬期の十日町における積雪の硬度特性 Characteristics of snow hardness at Tohkamachi during the winter of 2005-06

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2005/06年冬期に十日町市において観測された積雪のラム硬度は,最近20年ではみられない大きな値で推移した.特に,12月~1月初めに硬度が急増し,過去の豪雪年にもない特徴がみられた,そこで,この冬期の硬度の変動およびその要因を明らかにすることを目的として,積雪観測データを解析した.硬度と密度および含水率の関係を調べた結果,積雪が乾いたまま圧密して密度が増加すると硬度も増大し,その後の含水率の増加によって硬度が低下することが示唆された.12月~1月初めには融雪がほとんど生じなかったので,降水量のみを入力した圧密の計算で密度の増加を再現できた.そしてこの時期の硬度の増大は,圧密による密度の増加で説明できることがわかった.

The highest Ram hardness of snow in the latest 20 years was observed at Tohkamachi during the winter of 2005-06.The hardness increased rapidly from December to the beginning of January.This rapid increase during the early winter had not been observed even during the record heavy snow winters of 1983-84 and 1985-86.In this study, the characteristics of snow hardness are depicted using snow pit observation data, and their causes are discussed.It was found that during the early winter prior to the increase in the liquid water content of snow, the hardness increased with the density.This increase in density could be explained by the viscous compression.Moreover, even the increase in hardness during that period could be explained by the increase in density.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 69(1), 61-69, 2007-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018547686
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    8676320
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ