道路高架橋から発生する変動性低周波音による建具のがたつきについて Rattling of Fittings by Fluctuated Low Frequency Sound Generated from a Highway Bridges

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

低周波音による建具のがたつきに関する実験室実験の多くは定常的な純音を用いて行われている。本論文は, 道路高架橋近傍で収録した変動性の低周波音による建具のがたつきに関する実験結果について述べる。結果の検討にあたっては, 道路高架橋から発生する低周波音による結果を定常純音による結果と比較した。また, 大型車の単独走行時を想定し, 低周波音の継続時間による影響を検討する目的で, 騒音制御26巻2号で報告したバースト音の実験結果に新たな実験データを加えて再整理を行った。実験の結果は以下のとおりである。<br>(1) 道路高架橋から発生する低周波音により建具ががたつき始める音圧レベルは, 定常純音による建具のがたつき始める音圧レベルよりも平均で1.5dB大きかった。<br>(2) 低周波音の継続時間による影響については, バースト音の継続時間が長くなると, 定常純音との建具のがたつき始める音圧レベル差は小さくなり, バースト音の継続時間が1秒の場合, 定常純音の場合よりもおよそ1dB大きい音圧レベルで建具ががたつき始めることがわかった。<br>通常, 道路高架橋から発生する低周波音の継続時間は1秒以上であることが多いので, 以上の実験結果を勘案すれば, 道路高架橋から発生する低周波音によるがたつき評価にあたり, 定常純音による建具のがたつき閾値に対しておよそ+1~+2dBの補正値を見積もればよいと考えられる。

Most parts of laboratory experiments concerned with rattling of fittings caused by low frequency sound (hereinafter call LFS) used steady pure sound. This paper describes the result of a laboratory experiment about rattling of fittings by fluctuated LFS, which were recorded around highway bridges. In order to analyze the results, the results by the low frequency sound which was generated by highway bridges, were compared with the results by steady pure sounds. Moreover, in the case of an independent run of a heavy-weighted truck, new experiment data were added to the experiment result of burst sound, which was reported at Vol. 26, No. 2 of Journal of INCE-J, in order to consider the influence of the duration time of low frequency sound, and re-arrangement was performed.<br>The results are as follows.<br>(1) The minimum sound pressure level of rattling (hereinafter call MSR) by fluctuated LFS of highway bridges was measured by 1/3 Octave-band and is compared with MSR by steady pure sound. On an average, MSR by fluctuated LFS is larger by 1.5dB than by steady pure LFS.<br>(2) If the duration time of tone-burst sounds becomes longer, the level difference between MSR of tone-burst sounds and MSR of steady pure sound becomes smaller. When the duration time of tone-burst sounds is longer than 1.0sec, MSR by tone-burst sound is larger by 1dB than by steady pure LFS.<br>Usually the duration time of LFS generated by highway bridges is more than 1.0sec. From this point, it is suggested that the correction value is estimated about +1∼+2dB for the evaluation of rattling according to LFS generated from a highway bridge.

収録刊行物

  • 騒音制御 = JOURNAL OF INCE/J  

    騒音制御 = JOURNAL OF INCE/J 31(1), 68-75, 2007-02-01 

    The Institute of Noise Control Engineering of Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018549897
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00361298
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03868761
  • NDL 記事登録ID
    8677662
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-720
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ