抗凝固剤ワルファリンによる皮膚壊死および静脈性四肢壊疽 : 急性動脈閉塞症の治療中に抗凝固剤による重大な副作用を起こした1例から学ぶ Warfarin-induced Skin Necrosis and Venous Limb Gangrene : Lesson from a Case Induced the Serious Complications by the Anticoagulants During the Treatment of Acute Artery Occlusion

この論文をさがす

著者

    • 岸田 堅 KISHIDA Ken
    • りんくう総合医療センター市立泉佐野病院循環器科 Department of Cardiology, Rinku General Medical Center, Izumisano Hospital
    • 中辻 秀朗 NAKATSUJI Hideaki
    • りんくう総合医療センター市立泉佐野病院循環器科 Department of Cardiology, Rinku General Medical Center, Izumisano Hospital
    • 永井 義幸 NAGAI Yoshiyuki
    • りんくう総合医療センター市立泉佐野病院循環器科 Department of Cardiology, Rinku General Medical Center, Izumisano Hospital

収録刊行物

  • 静脈学  

    静脈学 18(1), 13-19, 2007-02-25 

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018550819
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10186004
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09157395
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ