Critical illness polyneuropathy との鑑別に電気生理学的検査が有用であった敗血症後の軸索型 Guillain-Barre 症候群の1例 A Case of Axonal Guillain-Barre Syndrome Diagnosed by Electrophysiological Examinations to Distinguish from Sepsis-Related Critical Illness Polyneuropathy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 黒田 浩光 KURODA Hiromitsu
    • 札幌医科大学医学部救急集中治療部 Division of Traumatology and Critical Care Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 今泉 均 IMAIZUMI Hitoshi
    • 札幌医科大学医学部救急集中治療部 Division of Traumatology and Critical Care Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 升田 好樹 MASUDA Yoshiki
    • 札幌医科大学医学部救急集中治療部 Division of Traumatology and Critical Care Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 今井 富裕 IMAI Tomihiro
    • 札幌医科大学医学部神経内科学講座 Department of Neurology, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 巽 博臣 TATSUMI Hiroomi
    • 札幌医科大学医学部救急集中治療部 Division of Traumatology and Critical Care Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 小濱 卓朗 OBAMA Takuro
    • 札幌医科大学医学部救急集中治療部 Division of Traumatology and Critical Care Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine
    • 浅井 康文 ASAI Yasufumi
    • 札幌医科大学医学部救急集中治療部 Division of Traumatology and Critical Care Medicine, Sapporo Medical University School of Medicine

抄録

Guillain-Barré症候群(GBS)は,先行感染に遅れて1-3週間後に四肢の筋力低下,深部腱反射の消失などの症状が出現するが,先行感染による急性炎症反応亢進は軽度であることが多い。一方,critical illness polyneuropathy (CIP)は敗血症,多臓器不全,呼吸不全,SIRSからの回復期に,人工呼吸器からの離脱困難,四肢の筋力低下,腱反射の消失の症状を呈する。重複する感染症の程度によって,両者の鑑別は比較的容易であると考えられる。今回,先行感染があったが,敗血症性ショックからの回復期に四肢の運動障害,意識障害を呈し,CIPとの鑑別に苦慮した軸索型GBSの一例を経験したので報告する。症例は64歳の男性で,2週間前より発熱がみられ,内服薬が処方されていたが,症状の改善がみられず重症肺炎と急性腎不全を合併したため,当院へ緊急搬送された。敗血症性ショックを合併し,抗生物質,人工呼吸管理と持続血液濾過透析などの治療を行った。入院9日目より酸素化能の改善がみられ,ショックから離脱したが,人工呼吸器の圧補助を下げることができなかった。そこでGBSを疑ったが,髄液検査ではタンパク細胞解離はなかった。末梢神経伝導速度では運動神経の軸索型障害がみられた。後日判明した入院4日目のマイコプラズマ抗体価は2560倍であったため,マイコプラズマ肺炎による運動神経障害(acute motor axonal neuropathy; AMAN)型GBSと診断した。CIPは敗血症などの重症急性疾患の治療中に発症し,全身状態の改善とともに症状が改善する。しかし,GBSでは神経障害の回復には血漿交換や大量ガンマグロブリン投与が確立しており,本症例のように敗血症治療後に人工呼吸器からの離脱困難や四肢筋力の低下などのCIPを疑う症状がみられた場合には電気生理学的検査などを行い,GBSを除外する必要があると考えられる。

We report a case of axonal Guillain-Barré syndrome (GBS) in which differential diagnosis from critical illness polyneuropathy (CIP) was difficult. A 64-year-old male patient was admitted to the ICU because of sepsis complicated with acute lung injury and acute renal failure after two weeks of oral medication for common cold-like symptoms. On the 7th ICU day, functions of impaired organs had improved, but weaning from mechanical ventilation was impossible because of insufficient volume of spontaneous breathing. On the 15th ICU day, the tracheal tube was extubated, but lack of spontaneous movement of the extremities and an absence of deep tendon reflex were found. On the 21st ICU day, since anti-mycoplasma antibody titer was found to be extremely high (×2, 560) on the 4th ICU day. Electrophysiological studies showed remarkable reduction in muscle action potentials combined with mild reduction of motor nerve conduction velocities (NCV) and normal sensory NCV. He was diagnosed as having acute motor axonal neuropathy type of GBS based on the results of these electrophysiological examinations. When preceding infection develops to sepsis, differential diagnosis of GBS from CIP may be difficult by clinical features. Therefore, differential diagnosis of CIP from GBS should be considered using electrophysiological examination when prolonged neuropathy occurs after sepsis treatment.

収録刊行物

  • 日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine  

    日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine 17(12), 860-865, 2006-12-15 

    Japanese Association for Acute Medicine

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018552260
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10284604
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0915924X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ