東洋医学の普遍性を如何に担保するか : 異なったパラダイムの和諧を求めて How to accomplish the universality of Japanese-Oriental (Kampo) medicine : looking for harmonization between the eastern and western paradigms

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

「東洋の知」は「西洋の知」とは異なったパラダイムである.東洋の知に立脚した漢方の特徴は「気の思想」に基づく独特の病態認識と複数の生薬を組み合わせた「漢方方剤」を用いる点にある.他方,「西洋の知」は近代自然科学を基盤に据えており普遍性・客観性・論理性を追求する体系であり,この目的を遂行するために要素還元論をその研究手法の根幹に据えている.生気論に立脚し,しかも多成分系薬剤を用いる「東洋の知」の客観性・普遍性を如何に担保するか,この2つの異なったパラダイムを如何に和諧させるかについて考えてみた.この和諧によって医学・医療の新たな展開が図られると確信するからである.本稿ではこの目的のために,生薬の品質評価,漢方方剤の品質評価,病態認識の客観化,薬理学的研究の方法論,および臨床効果の客観的評価の手法について論じた.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(6), 389-394, 2006-12-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018553388
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8558444
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ