アトピー性皮膚炎治療薬の臨床 : 現状と今後の治療薬に期待すること Therapeutic agents for atopic dermatitis of today and the future

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アトピー性皮膚炎の治療の柱となるのは原因・悪化因子の除去,スキンケアおよび薬物療法で,主に用いられている治療薬は,炎症に対するステロイド外用薬とタクロリムス軟膏,皮膚バリア機能障害に対する外用保湿剤,そう痒に対する抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬である.ステロイド外用薬は治療の主役であるが,副作用の危険性もあるために適切な使用法が求められる.強さがランク付けされ,部位や症状に応じて使い分けられている.タクロリムス軟膏は顔面の皮疹に対するステロイド外用薬の代替薬としてその地位を確立しつつある.抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬は痒みの原因の一部を抑えるのみなので,補助療法として位置づけられる.新しい治療薬としては核酸医薬が注目されるが,その他にもさまざまな抗炎症薬の効果が試されて報告されている.痒みに対してはオピオイドκ受容体アゴニストや抗NGF療法が注目される.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(6), 411-415, 2006-12-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018553485
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8558765
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ