新規過活動膀胱治療薬コハク酸ソリフェナシン(ベシケア^【○!R】錠)の薬理学的特性および臨床試験成績 Pharmacological and clinical profile of solifenacin succinate (Vesicare^【○!R】) developed as a new therapeutic agent for overactive bladder

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

コハク酸ソリフェナシン(ベシケア<sup>®</sup>錠)は膀胱組織選択的なムスカリン受容体拮抗薬であり,現在,新規過活動膀胱治療薬として世界各国で使用されている.ヒトムスカリン受容体を用いた結合実験において,コハク酸ソリフェナシンは膀胱収縮に主に関与しているムスカリンM<sub>3</sub>受容体に最も高い親和性を示すことが確認された.摘出ラット膀胱標本を用いた機能実験において,コハク酸ソリフェナシンはカルバコール刺激による収縮に対して,濃度依存的かつ競合的な拮抗作用を示した.また,過活動膀胱モデルラットにおいては減少した膀胱容量および1回排尿量を用量依存的に増加させた.更に,ラットおよびカニクイザルの膀胱平滑筋細胞および顎下腺細胞において,コハク酸ソリフェナシンはカルバコール刺激による細胞内カルシウム濃度上昇を濃度依存的に抑制したが,その作用は顎下腺細胞よりも膀胱平滑筋細胞において強かった.麻酔ラットにおいてもカルバコール刺激による膀胱内圧上昇および唾液分泌を用量依存的に抑制したが,唾液分泌よりも膀胱内圧上昇に対する抑制作用の方が強かった.以上のin vitroおよびin vivo試験により,コハク酸ソリフェナシンは膀胱組織選択性を示すことが明らかとなった.第I相臨床試験において,コハク酸ソリフェナシンは1日1回製剤となる良好な体内動態プロファイルを示した.過活動膀胱患者を対象とした第III相臨床試験において,コハク酸ソリフェナシンは尿意切迫感,頻尿および切迫性尿失禁のいずれの症状に対しても有意な改善作用を示した.更に,長期投与試験によって,その改善作用は長期間維持されることも確認された.一方,口内乾燥等の副作用発現率は低く,その忍容性が確認された.以上,前臨床薬理試験および臨床試験の結果より,コハク酸ソリフェナシンは過活動膀胱の諸症状に対して高い改善効果を示すとともに,服薬コンプライアンスの高い有用な薬剤であることが示された.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(6), 425-432, 2006-12-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018553537
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8558912
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ