電子スピン共鳴(ESR)法を用いた薬剤の抗酸化能評価 Assessment of antioxidant property of drugs by electron spin resonance (ESR) spectroscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

様々な疾患に関わる酸化ストレス(oxidative stress)の原因である活性酸素種(Reactive Oxygen Species:ROS)を特異的に検出可能であるのが電子スピン共鳴(electron spin resonance:ESR)法である.酸化ストレスとはROS産生と抗酸化システム(抗酸化酵素,抗酸化物質)のバランスが崩れた状態をいい,ROSによる酸化作用(例えば脂質過酸化作用)により生体の様々な病態生理現象に関わる.抗酸化能の本質は生体の抗酸化酵素,抗酸化物質が有する酸化ストレスを惹き起こすROSを消去する能力を意味するものである.In vitro ESR法による抗酸化能評価はin vitro ESR法によるROSの検出方法が基本となり,検討する薬剤がいかなるROSに対して消去活性があるのか(定性),どれくらい消去活性を有しているのか(定量)という直接的なROSに対する抗酸化能評価をすることが可能である.さらに,in vivo ESR法によって生体における酸化ストレスを含めたredox情報を提供可能なことを,酸化ストレスが原因とされる高血圧,脳卒中が惹き起こされる生活習慣病のモデル動物を用いた脳内の酸化ストレス評価法を確立した.今後これらESR法による評価法を用いて薬物や飲食料品の抗酸化能評価を進め,優れた抗酸化能を有する新規薬物,飲食料品の開発に寄与する評価技術として発展させたい.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(5), 293-297, 2006-11-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  24件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018553578
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8563982
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ