Hotz 床併用二段階口蓋形成法の長期予後 : 片側症例の側面頭部エックス線規格写真による評価 Long-term follow-up study of two-stage palatoplasty with Hotz plate : Cephalometric analysis of the patients with unilateral cleft palate

この論文をさがす

著者

    • 高木 律男 TAKAGI Ritsuo
    • 新潟大学大学院医歯学総合研究科顎顔面口腔外科学分野 Division of Oral and Maxillofacial Surgery, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences

収録刊行物

  • 日本口腔科学会雜誌  

    日本口腔科学会雜誌 56(1), 16-19, 2007-01-10 

    日本口腔科学会

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018566368
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189050
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290297
  • NDL 記事登録ID
    8713661
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学) // ZS44(科学技術--医学--歯科学・口腔外科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-215
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ