非カドミウム汚染地域住民の尿中総蛋白、β2-ミクログロブリン、NAGを影響指標としてベンチマークドーズ法によって算出した尿中カドミウムの閾値 Estimation of benchmark dose as the threshold levels of urinary cadmium, based on excretion of total protein, beta2-microglobulin, and N-acetyl-beta-D-glucosaminidase in cadmium non-polluted regions in Japan

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本衞生學雜誌  

    日本衞生學雜誌 62(2), 612, 2007-03-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018567102
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00185923
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215082
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ