バナジウムによるp53蛋白セリン15部位リン酸化の生物学的意義 Biological significance of p53 at serine 15 phosphorylation exposed to vanadium

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本衞生學雜誌  

    日本衞生學雜誌 62(2), 621, 2007-03-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018567114
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00185923
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215082
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ