シックハウス症候群と関連因子の経年変化 A longitudinal study for Sick House Syndrome and its possibly associated factors

この論文をさがす

著者

    • 瀧川 智子
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野
    • 山崎 雪恵
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野
    • 坂野 紀子
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野
    • 汪 達紘
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野
    • 荻野 景規
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科公衆衛生学分野

収録刊行物

  • 日本衞生學雜誌  

    日本衞生學雜誌 62(2), 624, 2007-03-01 

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018567119
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00185923
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00215082
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ